I様邸写真ギャラリー

ずっと大切に暮らす自然素材の家

I様邸 建築費2150万円

  • 33.9坪
  • cote
  • 造作家具
  • 家事室

奈良市の新興住宅地に、ひと際白い壁が通る人の目をひくI様邸。三角屋根に格子が入った窓が並ぶ外観は、計画当初から奥さまの中でイメージが膨らんでいた。玄関の入り口のアーチがやわらかな印象生み出し、ゲストを出迎える。前面の駐車場には、乗用車が3台停められる広さがあり、ゆったりとした町並みにうまくマッチしている。

ドアノブにもこだわって

玄関から室内へと続くドアからは、ガラス越しにきらきらと明るいリビングがのぞく。この先にどんな空間が待っているのか、思わず期待が膨らむ。室内のドアは、ノブひとつにまでこだわり、1階の扉はアンティーク調の真鍮のノブで統一した。こうしたことで、部屋全体にレトロな雰囲気が生まれた。

ずっと大切にできるものだけを集めて

ご夫婦が結婚をした時に、「一生ものだから」と奮発して購入したという重厚な無垢のダイニングテーブルが、すっと溶け込んだリビングダイニング。家の中にある木がすべて「ほんもの」だからこそ、全てが調和して家にしっくりと馴染んでいる。家もずっと暮らしていく場所だからこそ、ずっと愛情を注いでいける素材を使いたいという想いから、自然素材の家を選ばれたIさん。新築にもかからず、ずーっと前からここに建っていたような、心から落ち着ける空間が実現した。

一番のお気に入りが詰まったキッチン

リビングダイニングとキッチンを独立させることは、奥さまの当初からの希望だった。料理をしているとなかなかリビングの様子は見えないが、その分料理に集中することができ、かえって時短につながったという。リビングからはキッチンが見えるので、デザイン性を重視し、扉材はアンティーク調の木目タイプを選択。作業台に置く水切りかごやまな板に至るまで、かわいくて大好きなものを集め、片付けまで楽しめるとびきりのキッチンになった。

「おこもりスペース」で家仕事に集中

キッチンの奥にある約1帖の「おこもりスペース」は、カウンターとイスを置いて、縫物やパソコンができる家事室に。お子さんが幼稚園に行っている間の少しの時間だけでも、ここに座って紅茶を飲んだり、ミシンにむかうだけで、十分なリフレッシュになる。リビングからは見えないので、作業途中のまま、他の家事やご飯を食べても気にならないのが嬉しい。家の中のどこか1ヶ所、こういった「自分だけの場所」があると、日々の暮らしの活力を生み出すのかもしれない。

注文住宅無料相談

  • 見学会・イベントお申込みはこちら
  • 資料請求はこちら

お気軽にご連絡ください

アクセス

奈良本店ショールームの外観

奈良本店ショールーム
address. 奈良県奈良市神功4-1-4
open. 月~日曜日 9:00~18:00
close. 水曜日
tel. 0742-71-5107 > Goole Maps

大阪ショールームの外観

大阪ショールーム
address. 大阪府吹田市江坂町1-23-19 米澤ビル第5江坂 501号
open. 月~日曜日 9:00~18:00
close. 水曜日
tel. 06-6384-5107 > Goole Maps

ページトップへ戻る