そもそも耐震って?

家づくり 99 Views

住宅を建てる上で基準となる建築基準法は、大きな地震があるごとに大幅に改正されてきました。大地震の被害の状況から、年代ごとに建てられた家の弱点を調査し、改正が行われていいます。

「耐震」とは揺れに耐える家の構造体の強度のことです。倒壊、崩壊等のしにくさを等級1~3でわけています。

等級1・・極めて稀に(数百年に1度程度)発生する地震に対して耐えられるもの。阪神大震災の神戸で観測された地震の揺れに相当します。建築基準法は等級1です。
等級2は等級1の1.25倍の力に対して倒壊や崩壊等しない程度。
等級3は1.5倍の力に耐えることができ等級としています。

「免震」とは建物と基礎を直接固定するのではなく、切り離し、間に免震装置をいれて、地震の揺れを免震装置で吸収し、揺れを直接建物に伝えにくくする方法です。コスト的なことや、技術的なこともあり、大型建築での採用が主流となっています。

「制震」建物の壁の内部にダンパーなど制震装置を組み込み、地震の揺れを吸収する構造です。耐震構造に比べ、上階の揺れがおさえられる。

建物は、地震以外でも雷雨、暴風、積雪といった外的な影響を受けます。その力が大きくなると建物は損傷したり、壊れたりといったことがあります。この外的な力に対して、損傷を受けず、まったく影響を受けない建物をつくろうとすることは、不可能に近いです。

どれだけ、大地震に対して建物の損傷を抑えられるか。基準法で定められた等級1は阪神大震災ほどの地震が起こった場合に損傷は受けても、人命がそこなわれるような倒れ方をしないこととしています。どんなに耐震等級が高い家でも、大震災が起こると建物の損傷は免れません。

安全に暮らしていく為にも、いつ起こるか分からない災害に対してご家庭での備えは万全に準備しておきましょう。

アクセス

奈良本店ショールームの外観

奈良本店ショールーム
address. 奈良県奈良市神功4-1-4
open. 月~日曜日 9:00~18:00
close. 水曜日
tel. 0742-71-5107 > Goole Maps

大阪ショールームの外観

大阪ショールーム
address. 大阪府吹田市江坂町1-23-19 米澤ビル第5江坂 501号
open. 月~日曜日 9:00~18:00
close. 水曜日
tel. 06-6384-5107 > Goole Maps

ページトップへ戻る