1. 建売住宅と注文住宅はどこが違う?

建売住宅とは土地付き建物のことで、土地と建物を一括購入するものです。家がすでに出来上がった状態を見ることができるため、実際に住んだ時のイメージがしやすく、入居までの時間もさほどかかりません。注文住宅に比べ価格相場が比較的安いうえに最終的にかかる費用が分かりやすいことも特徴です。一方の注文住宅はまず土地の購入をしてから、その敷地や家族のライフスタイルに合わせて自由に家を建てることができます。希望の間取りや家の仕様を考えながら家づくりの楽しさを味わえるのは注文住宅ならではの醍醐味ですが、様々な希望を叶えていくうちに予算オーバーになりやすく、最終的にかかるコストが不透明な部分があります。また土地と建物を別々に購入することになるため、融資プランなどが複雑になる傾向があります。

  1. 立地条件の比較

建売住宅と注文住宅を立地条件で比較すると、建売住宅の方が優位です。建売住宅は立地さえ良ければまず売れ残ることはないため、建売住宅販売会社はより条件の良い土地探しに力を入れています。独自のネットワークを生かしいち早く情報を仕入れたり、広大な土地を購入し、景観を美しく整えた建売住宅を販売したりすることもできます。注文住宅は土地と建物の価格のバランスを考えなければならず、立地条件にこだわると建物にかける予算が減少したり、またその逆もあります。どちらかを優先させなければならない場合が多く、家族構成や通勤、通学の便なども併せて考える必要があります。

  1. 家の品質の比較

家そのものの品質という面においては注文住宅が優位です。注文住宅は予算さえ許せば工法や材質などにこだわったり、ライフスタイルに合った家づくりが可能です。また建築現場に足を運び、自分の目で工事の進捗状況を確かめることができるため、手抜き工事も防ぐことができます。建売住宅は家が完成した状態で初めて見ることになるため、どのような職人によりどんな建築工事が行われてきたかを見ることができません。中には予算を切り詰めるために工事の質を下げて作られた家や、職人の意識が低く手抜き工事が行われているケースもあるようです。

  1. まとめ

建売住宅でも注文住宅でも、住み始めてしまえば我が家です。ただ、そこに至るまでのプロセスはかなり異なります。気に入った土地で、住みやすい建売住宅があればマイホーム取得にかかる費用を抑えることも可能ですが、一生におそらく一度の家づくりをそのプロセスも含めて楽しもうという選択肢も魅力的です。

  1. おさえておきたいポイント

・立地条件は建売住宅の方が優位

・家の品質においては注文住宅が優位

 

【ハウ・ツゥ・ライブの施工例を見る】