1. 建ぺい率とは?どうやって算出するの?

建ぺい率とは「ある土地に対して、建物用に使用できる割合」を定めた数値です。この数値は土地計画に沿って定められた建築基準法で決められており、建物を建てる際にはこの基準を守らないと違法になります。建ぺい率は「建築面積÷敷地面積×100」で求めることができ、単位は「%」で表します。例えば建ぺい率50%、広さ120㎡の土地の場合、この公式に当てはめて計算すると建築面積は60㎡となります。つまり、この土地には建築面積が60㎡の建物を建てることができます。

  1. 容積率とは?算出方法は少し複雑?

一方、容積率(ようせきりつ)とは、土地に対する建物全体の床面積の割合のことです。この床面積のことを「延べ床面積」と呼びますが、例えば2階建ての家の場合、延べ床面積とは1階、2階を合計した面積のことです。建ぺい率は平面、容積率は高さに対する建築規制と考えると分かりやすいかもしれません。こうした規制があることで、街は秩序と景観を守ることができるのです。容積率は「延べ床面積÷敷地面積×100」で求めることができ、単位は%で表します。ただ、容積率は建物の用途やその地域、道路の幅など色々な条件で変わってくることがあります。容積率を正しく求めるためには「指定容積率」と「基準容積率」と呼ばれる2つの数値を確認しなければならず、素人が正しい数値を求めるのは少々難しい面があります。

 

【ハウ・ツゥ・ライブの施工例を見る】