1 住宅瑕疵担保責任保険とはどんな保険?

住宅瑕疵担保責任保険とは新築住宅の基本構造部分に問題が生じた場合、その修復費用がカバーされる保険です。「瑕疵(かし)」とは一般的にキズや欠陥を意味しますが、この法律においては「新築住宅の品質や性能が、約束されていたものと異なっている、通常期待される性質などを備えていない」という意味で使われています。2004年「住宅の品質確保の促進等に関する法律」が定められ、住宅施工会社に対して、新築住宅を引き渡した時から10年間の瑕疵に対しては無償で修復することが義務付けられました。しかし、事業者の倒産や財務状況により履行されないことがあるため、2009年に瑕疵担保義務を履行するための資力確保として「保証金の供託」または「住宅瑕疵担保責任保険」のいずれかを選択するよう義務付けられました。施工会社自らの資産を保証金とする「供託」に対し、「住宅瑕疵担保責任保険」は国土交通大臣が指定した保険法人に保険料を支払い、契約を結びます。この場合は保険期間内に万が一、住宅事業者が倒産してしまった場合でも保険法人から補修費用の支払いを受けることができます。

2 新築住宅の基本構造部分に生じた問題が対象

この保険は新築住宅の土台、床、外壁、柱、屋根など基本構造部分に問題が生じた場合のみ適用されます。また雨水の侵入による雨漏りなども補償対象となります。同じ壁であっても、外壁塗装の劣化、内装部分や天井などのクロスが剥がれた場合などは適応外となります。新築住宅の定義としては、新たに建設された住宅で、まだ一度も人が住んでおらず、かつ建設工事が完了してから1年以内と定義されています。

3 どうやって加入すればいいの?

住宅瑕疵担保責任保険は施工会社を通じて申し込む形をとります。つまり、家の建て主は保険法人に加入している業者に依頼する必要があります。保険法人は申し込みを受けた建物について専門の検査員による現場審査を行い、審査が通った建物に対して「保険付保証明書」という保証書を発行します。家の売買契約時や引き渡しの際にしっかり確認しておきましょう。

4 まとめ

新築住宅は、基本構造部分に問題が生じた場合は10年間無償で修復してもらえることが法律で定められています。修復は依頼を受けた施工会社に義務付けられていますが、倒産してしまったり経営状態が極めて悪い場合などは保険法人から補修費用の支払いを受けることができるため、契約不履行となるリスクを回避することができます。

5 おさえておきたいポイント

・新築住宅の瑕疵担保期間は10年間

・新築住宅の基本構造部分に問題が生じた場合のみ適用される