1 戸建vsマンション それぞれのメリットを比較してみよう

戸建のメリットはなんといっても自由にのびのびと暮らせる点です。上下隣の生活音に悩まされたりすることなく、プライバシーを保った生活ができる事はとても大きなメリットでしょう。庭や駐車場が持てることも生活をより一層豊かにする重要なファクターとなります。また家族構成の変化などに合わせて増改築や建て替えなどができる点も見逃せません。例え家屋は古くなってしまっても土地によってはその価値は下がることなく、大きな財産になります。一方、マンションのメリットとしてまず挙げられるのはその利便性です。最近のマンションは生活導線や収納など細部に渡り細やかに設計されており、暮らす上で戸建以上の快適な空間を得ることも可能です。セキュリティ対策が充実していたり、耐震免震構造のマンションなら安心感もグッと高まります。共用施設としてジムやシアタールーム、パーティースペースなどが併設されていて、用途に合わせて利用できるようなシステムが整っているマンションもあります。同じ立地条件であれば、戸建よりも低い価格で購入できるのもマンションの魅力です。

2 戸建vsマンション それぞれのデメリットを比較してみよう

戸建におけるもっとも大きなデメリットは経済的に大きな負担がかかることです。同じ資金であればマンションの方がより広い家に住むことも可能です。戸建においては家そのものよりも土地の価格が大きく反映されるからです。マンションのような月管理費などは不要ですが、その分メンテナンスは全て自己責任で行う必要があります。また空き巣などの防犯面ではマンションより注意を配る必要があります。一方、マンションのデメリットとしては、毎月の管理費や駐車場代などがかかること、生活音による近隣トラブルが心配なこと、ペットが飼いたくても制限がある場合も多いこと、改装しづらいことなどが挙げられます。

3 まとめ

戸建とマンションを比べてみると、どちらにもメリット、デメリットがあることが分かります。例えば若いうちは少々狭くても駅に近く利便性の高いマンション暮らし、子供が少し大きくなり経済的に余裕が持てるようになってきたら郊外の戸建、などライフスタイルに合わせて住まいを変えることも現実的な選択肢でしょう。しかし家の売買や引っ越しには手間や費用がかかります。その点も含めて、どちらがより自分の生活スタイルに合っているかをよく考えて選択する必要があるでしょう。

4 おさえておきたいポイント

・戸建、マンションそれぞれにメリット、デメリットがある

・自分の生活スタイルに合っている方を選ぶようにする