1 断熱材工法にはどんな種類があるの?

断熱材工法には大きく分けて「充填断熱工法」「外張断熱工法」の2つがあります。充填断熱工法は内断熱と言われ、壁の内部に断熱材を入れる工法です。一方の外張断熱工法は壁の外側に断熱材を貼り付けます。一般的な木造住宅の場合、断熱性にさほど優劣はありません。他に、断熱材を直接吹き付ける「吹付断熱工法」、充填をして外張を行う「付加断熱工法」なども最近増えています。また壁には充填工法、基礎、屋根部分には外張工法など、家の部位によって適した工法を使い分ける場合もあります。

2 充填断熱工法の特徴とは?

 

充填断熱工法は柱などの構造材の間に繊維系の断熱材を入れる工法で、日本の木造住宅に多く用いられている工法です。壁の内側のスペースを利用するため、施工がしやすく外張断熱工法より低コストです。また建物の内側に施工するため家の外側、敷地面積に影響せず、経年劣化しづらい点もメリットとして挙げられます。断熱材にはフェルト状の繊維系断熱材が使用されます。素材の種類もグラスウール、ロックウール、セルロースファイバーなど様々なものがあります。壁内部での結露が問題とされてきましたが、通気層や防湿層を設けたり、防湿フィルムを貼ったりすることで解消されるようになりました。

3 外張断熱工法の特徴とは?

 

外張断熱工法は柱などの構造材を外側から断熱材でくるむようにする工法です。壁の中の空間を残すことができるため、配管、配線の工事がしやすく、防湿、気密工事も容易にできるというメリットがあります。また構造の体躯部分においての結露を防ぐことができるため、構造材が痛みにくいという特徴もあります。一方で、経年劣化しやすく、地震など建物の揺れによってずれたり変形したりする恐れがある点はデメリットと言えます。断熱材には硬質ウレタンフォーム、押出法ポリスチレンフォーム、フェノールフォームなどボード状のプラスチック系断熱材が主に使われています。プラスチック系断熱材は繊維系断熱材の2~3.5倍ほどの価格のため、総じて外張断熱工法の方が費用が高くつきます。

4 まとめ

四季のある日本では冬は暖かく、夏は涼しく保つために断熱材は家づくりの際に重要なポイントとなります。すぐれた断熱性を持つ家は快適なだけでなく冷暖房のコスパも良く省エネにつながります。どの工法を選択するかで工事費用も変わってくるので建築業者とよく相談して決めるようにしましょう。

5 おさえておきたいポイント

・断熱材工法には大きく分けて「充填断熱工法」「外張断熱工法」の2つがある

・どの工法を選択するかで工事費用が変わってくる