1  オール電化住宅とは?

オール電化住宅は、キッチン、お風呂、冷暖房などの生活家電を全て電気によってまかなう住宅のことです。例えば、ガスコンロをIHクッキングヒーターに交換、ガス給湯器をエコキュートに交換、さらに、太陽光発電システムを導入して、電力を自宅で作ったりすることも含まれます。それにより、ガス代を無くして、電気の利用に一本化する事が出来ます。

2  オール電化商品は何があるの?

1.エコキュート

電気と空気中の熱を利用した給湯器です。

 

2.IHクッキングヒーター

IHと呼ばれる調理機器です。ガスコンロの代替え品です。

 

3.蓄熱暖房機

 

夜間の安い電力で、本体内にあるレンガに熱を蓄え、蓄熱されたレンガから放出される輻射熱により、部屋をムラなく暖めます。昼間はほとんど電力を使いません。

 

4.床暖房

床下に熱源を設置し、床全体を温める暖房機器です。

 

3  オール電化のメリット

1.ガス代がかからない

ガスを利用しないので、ガス代はもちろん基本料金もかかりません。

 

2.安い深夜電力を利用出来る

オール電化は、深夜の安い電力を使うので、電気代がお得です。

 

3.震災時は給湯器で貯めた水を生活水として使える

エコキュートや電気温水器には貯水タンクがあります。その水を生活水として利用できます。

 

4.火災に対する安全性が高い

IHクッキングヒーターは火を発生させないので、火災に対する安全性が高いです。

 

5.お手入れが楽

IHクッキングヒーターはガスコンロよりも汚れにくく、お掃除が楽です。

 

4  オール電化のデメリット

1.昼間の電気代が高い

オール電化住宅の電気代は、深夜電力を安く提供する分、昼間の電気代は高めの設定です。

2.設置コストが高額

エコキュートなど設置費用が高額です。

3.停電時に弱い

ガスと電気を併用している住宅に比べ、停電してしまうと何も出来なくなってしまいます。

 

 

5.まとめ

オール電化を上手に活用するには、「安い深夜電力を利用できる」部分を活かし、「昼間の電気代が高くなる」部分を上手に避けて無駄な電気代をかけない事が大事です。オール電化のメリットを最大限活かす為に、最適な料金プランを選択し、プランに合わせた上手な生活をする事で光熱費の節約が出来ます。