さあ待望のマイホーム造りの本格的な検討開始ですね。

特に注文建築は、手作りであり、工務店との共同作業です。

工務店との各種打合せの際に、失敗しないお勧めポイントを纏めさせて頂きます。

1 まずは質問と確認をしましょう。

まず最初の段階では、工務店へ基本的なこだわりポイントを質問しましょう。

例えば、

●施工事例の確認チェック

●採用している工法の確認

●主に使用している構造材やその他建築資材・材料の確認

これらのこだわりや工務店の得意分野が、あなたの希望・好みとマッチしている住宅会社を選ぶことが重要です

 

2. イメージの共有が大切!

工務店との契約後は、多くの仕様確認や間取りの最終決定等々の打合せがあります。

この際、お互いの理解とイメージを共有することが大切です。

その為には、「ご自身の家造りノート」などを用意して、施工事例集などで見つけたお気に入りの切り抜き写真などを活用し、工務店と共有する。

工務店の説明で解らない点があれば、素通りせずに質問・確認を心掛ける。

お互いの認識にズレがあるまま着工してしまうと、後になって次の様な問題が発生する恐れもあります。

●取り壊して造り直すと、手間や最悪の時は追加料金も発生します。

●図面を書き直すと、再申請の手続きや工期の遅れも懸念されます。

●構造上の理由で、修正不可能な場合もあります。

 

3.デメリットも聞く姿勢を!

あなたの要望を提案する際は、工務店からの意見・デメリットを聞くように心掛けて下さい。

失礼ながら、あなたは建築の素人で、住宅会社は建築のプロです。

最終決定権は、施主側にありますが、自分の意見を押し通すだけではなく、

住宅会社に反対意見を求めて、冷静な判断を下しましょう。

 

4.打合せはじっくりと落ち着いて。また確認事項は、記録を残しましょう。

打合せでは、決めるべき点が本当に多く時間も掛かります。

後から修正希望箇所も出てくるかも知れません。

対策としては、打合せの予習と復習を行い、確認決定事項や翌週の宿題等はメモ記録を残しましょう。

 

5.まとめ

住宅会社の担当者も人間ですから、良好な関係を築くことは最も大切です。

あまりに質問責めばかりしたり、迷って沈黙の時間が長すぎたりすると、「不信感」や「疑念」が発生するかも知れません。 逆に、真剣に取り組む姿勢を見せれば、住宅会社からの対応や提案内容も自ずと違ってきます。