住宅の建築現場では、近隣トラブルがつきものです。

なかには理不尽なクレームも多いと聞いておりますが、代表的なトラブルの原因を列記してみましょう。

●作業音がうるさい。

●業者の車が駐車されて、通行の邪魔。

●現場のゴミや面した道路に釘やタバコが落ちている。

●作業の開始時間が朝早い。 あるいは終了時間が遅い。

●建築資材の置き方が整理整頓されていない。

●現場の泥が道路に流れている。

●休日も朝早くから作業している。

●現場作業員の会話がうるさい。

●工事期間が事前の案内よりも延期されている。

 

色々なトラブルが考えられますが、未然に防ぎたいですね。

最悪のケースは、入居後にまでギスギスした関係が発生する恐れさえあります。

このような問題を事前に回避する為に、お勧めの対応策を纏めます。

 

1  着工前の挨拶廻り

住宅建築会社の担当者と一緒に、向こう3軒・両隣のお宅へ事前の挨拶廻りを行いましょう。

建築会社に工事の日程を記載した挨拶状を用意させ、地鎮祭の行事が終わった直後が適切なタイミングだと思います。

 

2  工事の日程と内容を把握しておく

工事現場と言っても、常にクレームが発生する訳ではありません。

工事の日程と内容を事前に把握しておき、建築資材の搬入日や電気・ガス・水道などの業者が入る日は注意が必要です。

工事の延長が決まったら、改めてご近所へ伝える。

 

3  入居前の挨拶

建物の引渡しが済み、お引越しの日取りも決まったら、今までのお詫びを兼ねて、もう一度挨拶廻りを。

挨拶廻りに行く際は、粗品を用意するのが一般的です。

あまり高価なものは必要なく、500~1,000円程度のものが相場です。

タオル・石鹸・洗剤などの詰め合わせが無難ですね。