注文住宅という大変大きな買い物をするわけですから、工務店・ビルダーを選ぶ基準の中には「会社の安定性」も重視されるのは当然ですね。

万が一不幸にして、工務店が倒産してしまった場合は、施主への保証は何もないのでしょうか???

大丈夫です!

ご希望の工務店があったら、『住宅完成保証制度の保証を受けられるか』是非事前の確認をお願いします。

これは、国土交通省による「住宅瑕疵担保責任保険法人」である、住宅保証機構による保証制度です。

工務店の倒産等により工事が中断した場合に、発注者(施主)の負担を最小限に抑える為、住宅保証機構が以下の保証を行います。

●増嵩工事費用の保証

●前払い金を一定の限度内で保証

●代替履行業者(工事を引き継ぐ業者)を斡旋

この住宅完成保証制度を利用する為には、住宅建設業者たる工務店が、住宅保証機構の登録審査を受ける必要があります。

下記記載の住宅保証機構HPをご覧頂くと、該当の工務店が登録されているかどうか簡単に確認出来ます。

http://www.mamoris.jp/

また、住宅保証機構では『まもりすまい保険』の取り扱いもあります。

これは、住宅品質確保促進法に基づき、工務店は新築住宅の引渡し後10年間は、基本構造部分(柱・梁などの構造耐力上主要な部分、雨水の進入を防止する部分)に万一の問題が発生すると、無償補修を行う義務が付けられています。

『まもりすまい保険』は、この住宅品質確保促進法に対応した保険であり、該当の工務店がこの保険を利用できるかどうかも、上記のHPで確認することが出来ます。