新規のお客様からよく頂く質問のひとつが、「そちらでは坪単価いくらですか?」。

一部の建築会社の広告やホームページに、坪あたり30万円とか40万円の記載があります。

しかし、これだけでは実際のお家は建てられませんので、十分にご注意下さい。

家の建築に必要な費用の内訳を大きく分けると、次の3つの項目になります。

 

1.建築工事費

家を建てる為の直接的費用です。

・本体工事費 ⇒ 「坪単価」の広告金額は、この本体工事費のみを指しているケースがほとんどです。

・別途工事費

・設計監理料

 

2.別途工事費

具体的な項目を列記すると、

・地盤改良費 : 軟弱地盤等で地盤に問題があると、追加の工事費が必要です。

・既存建物の解体: 古家があると解体して更地にする必要があります。

・引込工事費 : 上下水道や通信回線の引込み工事費。

・空調設備等の工事費: 冷暖房機器の配管や取り付け工事、床暖房設備等々

・屋外電気工事・屋外給排水工事: 建物外部の配線・配管工事、給排水衛生工事

・照明器具 : リビング・ダイニング・寝室など各部屋の照明器具は別途工事です。

・カーテン工事: カーテンレール・ボックス、カーテン、ブラインド等も別途工事。

・外構工事 : 駐車場、門扉、フェンス、アプローチ、植栽等々も別途工事。

 

3.諸費用

・登記関連の費用 (表示・滅失登記、保存・抵当権設定登記)

・火災保険、地震保険

・建築確認申請

・地盤調査費用

・水道分担金 (市町村により金額は異なる)

・お引越し代

 

4.まとめ

色々と必要な費用が多いですね。

本体工事費も、敷地の形状や家の構造によっても大きく異なるので、

特に注文住宅の場合は、建築会社を訪問して、個別のプラン・見積を取得する必要があるでしょう。