待望の注文建築で新築したり、或いは建売の新築住宅を購入され、完成物件の引渡し後に

残念ながら建物の何らかの不具合(施工ミス)を発見された場合の対処方法と注意点を

記載させて頂きます。

 

まず基本は、「早期発見・早期連絡」です。

新築引渡し後の間もない時期であれば、施工不良を売主(建築会社)へ指摘して、

無料で補修してもらえるのが一般的です。

但し、買主(施主)自身の過失により発生したキズや汚れは対象外です。

 

不具合を発見した際の流れを記載します。

1.引渡し後に不具合を発見

2.売主(建築会社)へ伝える

3.売主等が確認に来る

4.補修内容について説明を受ける

5.補修工事開始

6.補修後の確認

(必要なら、第三者の専門家に点検確認を行ってもらう。)

 

●引渡し後の不具合は、まず売主(建築会社)へ内容の連絡を行う。

一般的には、売主は早期にその不具合の確認に来てくれます。

後々のために、該当の問題箇所を写真に撮っておくことをお勧めします。

●売主が訪問確認に来た際は、その説明を受けて、実際に問題あるなら早めの補修工事をしてもらう。

また補修工事が終われば、問題解決しているかどうかの確認を行う。

●軽微な不具合による比較的簡単な補修工事であれば、心配する必要ないと思いますが、

工事規模が大きい場合は、第三者の専門機関に点検してもらうと安心です。

 

 

ハウ・ツゥ・ライブでは、どなたでもご参加いただける「家づくりお悩み相談会」を開催しています。

ご相談は無料です。ぜひご利用ください。

ご要望をお伺いしての間取りプラン作成や住宅ローンのご相談、土地探しなども無料です。

新築だけでなく部分リフォームやリノベーションのご相談も受け付けています。

ご予約・詳細はこちら