家を建てる時に知っておきたい!地鎮祭の基本マニュアル

家づくり 590 Views

そもそも地鎮祭(じちんさい)って何?

地鎮祭とは、家を建てる前に、神様に工事の無事や安全家の繁栄を祈る儀式のことです。

神主をお招きして執り行います。お供え物をし、祝詞をあげ、お払いをして浄め、施主が

初めてその土地に鍬(くわ)や鋤(すき)を入れます。

1.地鎮祭の日取り

大安、先勝(または友引)が地鎮祭吉日です。施工会社と相談の上、大安または先勝(または友引)

の日を選び、午前中に行います。神社への予約、飾り付け等の手配や準備は施工会社に依頼します。

出席者は、施主、施工会社、神主です。

 

2.服装

神事なのでスーツ?と思われるかもしれませんが、普段のラフな格好で十分です。

気になる方は建築会社と相談してください。

 

3.地鎮祭の流れ

式の所要時間は30分程度です。

①開式の儀

②修跋の儀 (しゅうばつのぎ、しゅばつのぎ)

③降神の儀 (こうしんのぎ)

④献饌 (けんせん)

⑤祝詞奏上(のりとそうじょう)

⑥切麻散米(きりぬささんまい)

⑦地鎮の儀 (じちんのぎ)

⑧玉串奉奠 (たまぐしほうてん)

⑨撤饌 (てっせん)

⑩昇神の儀 (しょうじんのぎ)

⑪閉式の辞(へいしきのじ)

 

4.施主の出番

施主の出番は2回あります。

地鎮の儀 (じちんのぎ)と玉串奉奠 (たまぐしほうてん)の時です。

 

〇地鎮の儀 (じちんのぎ)

盛られた砂山に鍬を3回入れていきます。

「エイ、エイ、エイ」とかけ声を出しながら鍬を入れていきます。

 

 

〇玉串奉奠 (たまぐしほうてん)

玉串を祭壇に供えて2礼2拍手1礼をして参拝します。

動作は難しい事は無く、事前に神主より説明があります。

 

 

5.地鎮祭のときに準備するもの

 

お米一合

洗米を用意します。

 

お酒一升

酒屋に「地鎮祭用」と説明をすると、お祝い熨斗をつけてもらえます。

熨斗の表書きの上段は「奉献」下段は、施主名を記載します

 

お供え物

海の幸  /昆布またはワカメなどの乾物

山の幸  /果物

野の幸  /野菜として、地面の上にできるもの(トマト、ナスなど)と、

地面の下にできるもの(人参、大根、いも類など)。

 

塩一合

 

水一合

 

初穂料

・神社へのお礼のお金を用意します。神社に支払う謝礼を初穂料、玉串料と言います。

・蝶結びの赤白のお祝い熨斗袋に入れて、表書きの上段は、「御初穂料」。 下段は施主の姓を記載します。

・初穂料の金額の相場は2〜5万円です。

お米やお供え物は、神社が用意するケースもありますので、予約の際に神社に確認してください。

 

6.式が終わったら

・果物や野菜などは施主が頂いて帰ります。

・近所への挨拶

地鎮祭の後、近隣の方に施工会社の人と一緒に回ります。

粗品は引越し後のご挨拶の時で良いですが、施工会社と相談してください。

 

7.最後に

地鎮祭を行う、行わないは自由ですが、一生に一度の事なので、

是非、やってみてはどうでしょうか。

建築会社に頼めば神社の手配から準備までしてもらえます。

地鎮祭が終わると工事着工、そして上棟へと進んでいきます。

 

アクセス

奈良本店ショールームの外観

奈良本店ショールーム
address. 奈良県奈良市神功4-1-4
open. 月~日曜日 9:00~18:00
close. 水曜日
tel. 0742-71-5107 > Goole Maps

大阪ショールームの外観

大阪ショールーム
address. 大阪府吹田市江坂町1-23-19 米澤ビル第5江坂 501号
open. 月~日曜日 9:00~18:00
close. 水曜日
tel. 06-6384-5107 > Goole Maps

ページトップへ戻る