こんばんは。です。

先日、木津川市のM様のお家にて、キッチン収納のリフォーム工事を行いました。

 

もともと既製品のカップボードを置いておられたキッチン。

ゴミ箱を置くスペースがないのがお悩みでした。

そこで、ゴミ箱を収納できるカップボードをオリジナルで作ることに。

 

最初は吊戸とカウンターの上下セパレートの形で計画していましたが、

打ち合わせに伺う度に、

「引き出しの中のものを整理したら置くものがなくなったので、

 下の台の中はがらんどうでいいかも・・・」

 

「食器を見直したら他の場所に収納できたので、

 上の吊り戸はいらなくなっちゃいました」

 

と、どんどんキッチンまわりのモノを整理されていくM様。

 

最終的には、

「あれ?カップボードって必要??」

という境地にまで一瞬だけ至るのですが、

電子レンジや炊飯器を置く台は必要ですよね、ということで

出来上がったカップボードがこちらです。

ステンレスの天板に脚だけをつけた

とってもシンプルなカップボードが完成しました。

 

その上に、キッチン前についつい置いてしまうお菓子の缶や、

やかんなどを置けるオープン棚を設置。

キッチンの前がすっきりして、

オープン棚に置くものもすごく映えるようになりました。

M様からは、

「まさかこんなにシンプルになるとは思わなかったけど、

 リフォームを考えなかったら、こんな風にモノを見直したり

 使いやすいモノの配置を考えたりすることはなかったので、

 すごくいい機会になりました。」

というお言葉をいただきました。

 

私たちが目指しているのは、家や家具を売ることではなく、

お客様がお客様らしく暮らせる空間・環境を一緒に考え、

その空間を実現できる家や家具を作ることです。

 

世間の常識や、既成概念になんとなく流されてしまうのではなく、

お客様自身でご自身のことを見つめなおしていただき、

その人にあった暮らし方を一緒に見つけていく。

 

M様との家具作りは、まさにそれが実現できたなぁと

とても嬉しい充実感でいっぱいになりました。

 

きっとM様は、明日以降もキッチンの使い勝手を良くするために

モノを移動させたり、見直したりと模索の日々を続けられることでしょう。

 

またいつか、そのお話を笑ってお聞きしたいなと思います。

 

M様、どうもありがとうございました。