安心・安全を守る“性能”過酷な自然環境から住まいを守ります

関西で暮らす私たちにとって、南海トラフ地震への対策は避けて通ることができない問題です。また、夏には大型台風だけでなく、局所的集中豪雨が頻発するなど、年々自然災害へのリスクは高まっています。
ハウ・ツゥ・ライブの家は、そんな過酷な自然環境から大切な住まいを守ります。

01.地震から守る

巨大地震に備える耐震等級3の性能

全棟構造計算を行い、耐震等級3の基準をクリアするように設計します。
耐震等級3とは、「極めて稀に(数百年に一度程度)発生する地震による力(建築基準法施行令第88条第3項に定めるもの)の1.5倍の力に対して倒壊、崩壊等しない程度」を指します。

粘り強い紀州産桧の柱を採用

古くから「木国(きのくに)」と呼ばれてきた紀州・和歌山県。そこで育った良質な桧の9割が、柱の強度を示すヤング係数がE110以上であるという測定結果がでました。これは、全国基準を上回る強度を誇ります。また、桧は伐採されてからも強度が高まるという性質があり、100年後もその強度が衰えることはありません。

繰り返し地震に備える制震ダンパー

2016年4月に発生した熊本地震では、3日間のうちに震度6以上の大きな地震が7回も発生するといった前例のない地震でした。これから、住まいにおける地震対策は繰り返し地震に対しても対応しなければいけないという意識が高まっています。制震ダンパーは特殊ゴムで地震エネルギーを吸収し、揺れを低減させることで、家の損傷をおさえ、繰り返し地震に備えることができます。
※オプション工事

02.暑さ・寒さから守る

東北レベルの断熱性能

家の快適性を高めるために、ZEH基準よりも厳しいHEAT20が定めるG1グレードの基準をクリアするように設計します。これは、平成28年省エネ基準と比較すると、東北地域レベルの断熱性能に該当します。
※間取りによってUA値は異なります

セルローズファイバー断熱

セルローズファイバーは新聞古紙を原料としたエコな断熱材です。隙間なく壁に充填するため、高い断熱性能を発揮します。
<セルローズファイバー断熱の特徴>
 1.高い断熱性、耐火性能
 2.結露防止に役立つ吸放湿性能
 3.優れた防音・吸音性能
 4.害虫やカビの発生を防止
 5.環境にやさしいエコマーク認可製品

03.台風・暴風雨から守る

住宅用窓では最高グレードの耐風圧性と水密性

耐久性に優れたアルミと断熱性能が高い樹脂のそれぞれのメリットを生かした住宅用窓「アルジオ」。
近年の異常気象にも耐えられるように、住宅用建材としては最高グレードの耐風圧性と水密性をクリアしました。
・耐風圧性:S-4
(最大瞬間風速57m/sに耐えられる性能)
・水密性:W-5
(1時間あたり240㎜の降雨時に、風速35m/sの風が吹いても雨水が下枠からあふれない性能)

無垢フローリングのサンプルプレゼント!無垢フローリングのサンプルプレゼント!

ページトップへ戻る