お家の断熱の基本は、

1.断熱材をしっかりと施工する

2.開口部を断熱する

3.気密性を上げる の3つです

 

これらを行えば、「冬暖かく、夏涼しい家」「冷暖房費を節約できる家」を実現させることが出来ます。

 

今回は、2.の開口部、即ち窓枠サッシについて検証しましょう。

従来タイプの窓では、夏には外の熱気の7割取り込み、

冬には約半分の室内温熱を逃がしていると言われています。

従い、しっかりとした断熱窓を設置して、より快適な生活を送りたいものです。

窓枠には、大きく分けて次の3種の材料があります。

それぞれの特徴・性能を比べてみましょう。

 

1.アルミ

軽くて耐候性に優れているが、熱を通しやすく、結露も起きやすい。

 

2.樹脂

熱伝導率が低く、断熱効果が高い。但し、防火基準で使えない場合もある。

 

3.木製

断熱・気密性が良い。価格は、少し高め。

 

上記のアルミと樹脂のそれぞれ良い点を取り入れた【複合サッシ】もあります。

 

断熱と遮熱のバランスを考えて、お家の各窓の方角(南側、北側、西日)も考慮して

使い分けて頂くと理想的です。

 

断熱: 室内の暖かい空気を逃がさず、同時に太陽光の温もりを取り入れる。

遮熱: 太陽光を反射し、日射熱が室内に入るのを防ぐ。

 

 

ハウ・ツゥ・ライブでは、どなたでもご参加いただける「家づくりお悩み相談会」を開催しています。

ご相談は無料です。ぜひご利用ください。

ご要望をお伺いしての間取りプラン作成や住宅ローンのご相談、土地探しなども無料です。

新築だけでなく部分リフォームやリノベーションのご相談も受け付けています。

ご予約・詳細はこちら