床の段差を無くしたり、玄関やトイレなどに手すりを付けたりと

高齢者から子供まで安心、安全に暮らせるバリアフリーの住まい。

今回はバリアフリーリフォームをする時のポイントを紹介します。

 

1 リフォーム前のチェックポイント

 

・出入り口に段差がある

・廊下の幅が狭く、車椅子で通れない

・階段の傾斜が急である

・トイレの場所が居室から遠い

・室内外の温度差が大きい。

 

2 出入り口などの段差

床の高さが違う和室と洋室、廊下の境目などで、うっかりつまずいて転んでしまい、

大きな事故につながるおそれがあります。そういった事故を防ぐために床の段差を解消することが大切です。

 

3 階段傾斜

出来るだけ緩やかにして、

曲がっているところは段差のない踊り場をとりましょう。

 

4 廊下幅

車椅子の方が通りやすい幅は90cm以上とされています。

5 手すり設置

手すり設置位置は、本人と現場で、見本の手すりをあてがって確認しましょう。

6 浴室

・転倒事故を防ぐために入口の段差は出来るだけ無くしましょう。

・床は滑りにくくクッション性のあるもの、断熱性のあるものにしましょう。

・手すりの設置は効果的に

・浴槽の高さをまたぎやすい高さにしましょう。

・ヒートショック防止のために、浴室暖房を設置して室内外の温度差を無くしましょう。

 

ハウ・ツゥ・ライブでは、どなたでもご参加いただける「家づくりお悩み相談会」を開催しています。

ご相談は無料です。ぜひご利用ください。

ご要望をお伺いしての間取りプラン作成や住宅ローンのご相談、土地探しなども無料です。

新築だけでなく部分リフォームやリノベーションのご相談も受け付けています。

ご予約・詳細はこちら