例えば、土地の広さが100坪あれば、

問答無用で平屋を建てるべきなのですが、

多くの方が、そんな広大な敷地に

ポツンと2階建の家を建てています。

 

その理由は「平屋は高い」と

思い込んでしまっているからだと思いますが、

平屋は、本当に前評判通り

高くなってしまうのでしょうか?

 

こんばんは。

シンプルノート奈良スタジオです。

 

その答えは、

「イエス」でもあり「ノー」でもあります。

つまり、家をどう考えるかによって、

どちらにもなりうるということですね。

 

では、高くなってしまう方は、

どのように家を考えてしまう方なのでしょうか?

 

坪数にこだわる人


平屋が高くなってしまう方は、

坪数にこだわってしまう人です。

「家はこれくらいなければいけない」とか、

「部屋はこれだけなければいけない」とか、

「部屋の広さもこれくらいないといけない」とか、

なんせやたらとデカさにこだわる人です。

 

これは平屋に限ったことではなく、

2階建てでも同じですが、

家は大きくなればなるほど、

それに連動して家の価格も高くなります。

 

そして、あれもこれもと

どんどん付け加えていった結果、

坪単価は安くなっていくものの、

それに逆行して家の価格は高くなっていってしまいます。

 

家が高くなれば、色々と高くなる


そして、家の坪数にこだわれば、

建築費が高くなるだけにとどまらず、

そのほかの様々な費用も高くなってしまいます。

 

ランニングコストとなる光熱費や固定資産税、

そして、塗り替えなどのメンテコスト、

さらには、将来リフォームする時のコストなどが、です。

 

それゆえ、コストを抑えながら平屋を建てるためには、

坪数や大きさにこだわらないようにすべきである、

そして、それが結果的にランニングコストも

抑えられるようになるというわけですね。

 

無駄を省きながら平屋を建てる!

 

では、前回お伝えさせていただいたこちらの土地では、

1800万円という予算の中で、

一体どのような家を提案したのでしょうか?

 

もちろん、これだけの広さがなので、

当たり前のように平屋を提案させていただいたのですが、

まず道路面である西面に玄関と収納をまとめました。

 

玄関は明るい方がいいものの、

かといって厳しい西日を入れる必要はないし、

収納にいたっては、

そもそも日光を入れる必要なんてありませんからね。

  

結果、正面となる西面から窓をなくすことが出来、

スッキリした美しい外観になると同時に、

汚れの原因となる窓がなくなれば、

家の汚れも目立ちにくくなります。

また、間取りが分からない

防犯に優れた住まいにもなります。

 

そして、たっぷりと直射日光が入り、

明るく開放的なスペースにしたいリビングは、

視線が気にならない場所に配置しつつ、

視線が気にならない窓をつくりました。

 

結果、たとえ曇りの日でも

自然光だけで日中過ごすことが出来る

明るいリビングが出来上がりました。

もちろん、光を拡散させる工夫も織り交ぜることで

明るさを際立たせていますがね。

 

コスト面はどうでしょうか?

コストを抑えるためには、

広さにこだわらないことが大切であると申し上げましたが、

では、そうするためには一体どうすればいいのでしょうか?

 

まずは、廊下をなくすことです。

廊下がなければ家の中の温度差が生まれにくくなり、

快適な環境も維持しやすいですしね。

 

また、部屋の数や広さについても、

必要・不必要をよく考えるべきです。

子供部屋の数や広さ、寝室の広さ、ですね。

 

収納に関しても、

ただ闇雲にたくさんつくればいいわけじゃありません。

床面積が増えれば、

それに比例してコストが高くなってしまうからです。

それゆえ、床面積を増やさずに収納を増やす工夫を

家の至るところに織り交ぜました。

 

そして、こういった工夫をした結果、

1800万円でゆとりを持って暮らすことが出来る

平屋の住まいをつくることが出来たというわけです。

  

ということで、家づくりをする時は、

なにげなく受け入れてしまっている

思い込みを一旦捨てていただくと同時に、

本当に自分たちに必要なものが何かをよく考えながら

土地を選び、間取りをつくっていただければと思います。

 

それでは、、、

 

家づくりセミナー申し込み受付中です。

来年はそろそろ家がほしいな~という方は、

是非ご参加くださいね。

 

>セミナーについて詳しく見る

 

 

【資料請求】

SIMPLE NOTEの家づくりに関するパンフレットと住宅購入のポイントが満載のガイトブックをご用意しております。希望される方は下記よりお申し込みください。

>資料請求はこちら